トップページ > 

グラフィックデザイナーの特徴

スポンサード リンク

グラフィックデザイナーとは、グラフィックデザインを行うデザイナーをいい、クオリティと効率の追求から、デザイン業務の細分化と高度な専門性が求められます。

またグラフィックデザインの分野は、広告宣伝のデザイン・エディトリアルデザイン・公共デザインに、大きく分けられます。

広告宣伝のデザインは、グラフィックデザインの分野で仕事量が一番多く、ポスター・パンフレット・商品パッケージなど、主に印刷物に関する全ての業務に携わります。

エディトリアルデザインは、書籍・雑誌・新聞などの編集物をデザインし、記事の配置・ページの色使い・文字のデザインなど、視覚的な要素の構成が中心になります。

公共デザインは、公園・遊空間・歩道・広場などを配慮する環境をデザインし、公共性の高いピクトグラムデザイン等を通して、グラフィックデザインを行います。

最終更新日:2012/11/18